脱毛フランチャイズ・エステサロンの開業支援なら、株式会社エイチフォー

サロン開業コラム

フランチャイズのエステ経営のメリット

2018/12/04

エステサロンの開業を考えたとき、オーナーとして個人経営をするには不安があるという方も多いでしょう。この場合、フランチャイズという選択肢があります。フランチャイズとは簡単に言えば、「独立のノウハウがない」「集客に不安がある」という方をサポートするビジネスの仕組みです。その特徴とメリットをご紹介します。

フランチャイズとは?

既存する商号や商材、サービスなどの使用権利を受け取る代わりに、フランチャイザー本部へ「ロイヤリティ」と呼ばれる対価を支払う開業方法です。このビジネスモデルが発展しているのは、美容サロン業界だけではありません。コンビニエンスストアや飲食店、不動産業などもフランチャイズを基盤に、全国で店舗を展開しています。

フランチャイズの仕組み

開業にあたってはロイヤリティ以外にも、「加盟金」「保証金」「研修費用」「物件取得費」「店舗施工指導費」といった費用がかかるケースがほとんど。もちろん、そのぶん加盟店側にも「開業が成功しやすい」という大きなメリットがあります。フランチャイズを活用する利点を見てみましょう。

仕組み化した成功モデルの活用

フランチャイザー本部には開業から運営まで、他加盟店の成功モデルがノウハウとして蓄積されています。本来なら独立開業後、失敗を重ねながら顧客・収益獲得の仕組みを作り上げていくところを、フランチャイズでははじめから伝授。未経験でもきちんと経営ができるようサポートを受けられるため、短期間で安定的な成果を出せる見込みも高まります。

価値の高いブランド力を活用した店舗経営

フランチャイズでは、すでにブランドイメージが完成しています。まったく無名の状態でオープンするよりも、お客様に認知してもらいやすいのが特徴です。全国で成功しているブランドであれば、開業後すぐにでも集客が期待できます。いちからサービスを考える必要がなく、スピーディに開業できる点もメリットと言えそうです。

フランチャイズ本部の経営ノウハウを利用できる

商品・サービスだけでなく、フランチャイザーからは経営スキルも提供してもらえます。販促ツールを活かした集客方法、メニュー開発、求人、仕入れ、システムのことまで、その内容は多種多様です。定期的な指導があるため失敗のリスクが少なく、フランチャイズ加盟店は完全独立のサロンに比べて廃業率が低い傾向にあります。

フランチャイズのエステ経営で有利になること

フランチャイズ契約を結ぶことには、どのようなメリットがあるのでしょうか?独立経営のエステサロンと比べたとき、有利になる点を3つ挙げてみました。

新規顧客の集客が簡単

加盟するフランチャイズによっては、全国規模の有名なブランドロゴ・商品・サービスを利用可能です。まったく知らないお店へ足を運ぶのは、お客様にとっても不安があるもの。一方、フランチャイズ加盟店なら雰囲気や商品、サービスがあらかじめわかっているため、来店にあたってのハードルがありません。

開業にかかるコストを抑えられる

フランチャイザーによっては、物件を用意してくれることがあります。そうでないにしても、本部から支援金を受け取れたり、個人サロンに比べると融資審査が通りやすかったりと、資金調達が比較的スムーズです。他加盟店と内装に同じデザイン・材料などを用いる場合、設計施工費用を抑えることもできます。

スタッフ教育が簡単

本部によるスタッフの指導体制が確立されており、定期的な研修などを用意するフランチャイザーも少なくありません。また複雑な管理業務は本部に任せられるため、店長・スタッフのスキル向上に注力しやすい環境とも言えます。

フランチャイズとはつまり、「すでに成功しているサロンの経営スキルを買うこと」に他なりません。そのため実績・ブランド力ともにオーナー様が納得できる、優良フランチャイザーの見極めが不可欠と言えます。エステサロンを経営してみたいけれど集客に不安があるという方は、ぜひエイチフォーにお問い合わせください。全国60店舗展開するサロン経営のノウハウをご伝授しますとともに、画期的なフランチャイズシステムで集客のお手伝いをさせていただきます。

関連記事